前へ
次へ

医療の依存性をしっかり理解しよう

外面の変化、それが小さいものであっても、女性にとっては内面の美しさを引き出すことに繋がっているといいます。
その提案をするのが、美容外科・美容皮膚科・審美歯科などの医療機関です。
抱えるコンプレックスによっては、生きることさえツラく感じるほどです。
見た目を変えるからこそ、医師も相談する患者自身も気をつけることはただ1つ、「依存しない」ということです。
もちろん医療行為ですから、見た目を戻す技術力も持ち合わせています。
しかし、変わることによって、別のパーツが気になるかもしれません。
変わることによって、周囲の見る目が変わるかもしれません。
それが良い意味での変化とは限りません。
だから、手術の同意書を渡す前、渡した後も丁寧に説明してくれます。
患者の心を診るスキルを持つからこそ、深層を理解するからこそ、相手に合わせてプランニングしてくれる医師と出会っていただきたいのです。
自由診療ですが、プチ整形ならば医療費も安く提案されています。
むやみに手を出す前に、多少でもキズがつく、跡が残る、そうしたデメリットを念頭に入れてから相談しましょう。

Page Top