前へ
次へ

ジェネリック医薬品で国の医療費は削減できるか

病院などで治療をするとき、保険適用されるとはいえそれなりに医療費がかかります。
全く同じ治療が受けられるならできるだけ医療費がかかりにくい方を選択するのが一般的な考えでしょう。
治療の一つとして投薬があり、外来などで治療を受けるときは医師に処方箋を作成してもらってその薬を飲みます。
このとき調剤薬局でジェネリック医薬品を選択できるときがあります。
お薬手帳にはジェネリック医薬品を希望する旨を示す仕組みなどもあります。
ジェネリック医薬品は特許が切れた薬を他の製薬会社が開発費をかけずに製造販売する薬です。
開発費をかけない分安く製造でき、価格も安くなります。
多くの人がジェネリック医薬品を使えばその分医療費は減るので国としても助かり、積極的に利用できるよう勧めているのでしょう。
ただジェネリック医薬品は先発の医薬品と全く同じではなく、場合によっては効果が期待できないときもあります。
治療が進まなければ医療費削減ができない可能性もあります。

Page Top