前へ
次へ

トータルバランスの美容医療を行う

美容外科に限らず、医療水準を向上させること以外に、私たちに認知されることは極めて低いのではないでしょうか。
形成外科での治療をすすめる中、美容医療の治療を提案されることになって、初めてその分野に関心が出ました。
形成ではトータルバランスを考慮した治療や手術ではなく、根本的に機能させるだけです。
美容の分野で名医と言われるドクターを紹介され、審美眼で治療を施してくれます。
そこにはもちろん、医療技術が必要です。
外見は形成外科でもある程度までは考慮してくれましたが、内面からの美しさに配慮してくれません。
完治した後、積極的に行動が取れる、前向きな施術を行ってくれます。
それは、自分の場合には手術跡を消す手術でもあったのです。
比較的回復期間の短い治療の提案であったり、抜糸の必要なしっかりした手術まで、幅広いレパートリーを持つドクター、しかしそれらを得意気に話しません。
もちろん、不安だから資料を交えて説明してくれます。
トータルのバランスを考慮してくれて、美容医療を受け入れることができました。
ただ美しくなるためだと誤認識しており、治療を強要されるイメージでしたが、患者を思えばこそだと感じられます。

Page Top